福岡で美容整形をするなら評判が良い人気クリニックを選ぼう!

二重になる方法

鏡を見る女性

一重まぶたはアジア人の特徴的な要素です。欧米人は目鼻立ちがはっきりしていますが、アジア人の顔は平面的になっています。骨格による違いであるため、生活習慣などは関係ありません。アジア特有の特徴を持つ日本人の目は、ほとんどが一重か奥二重です。しかし欧米人のようにはっきりした顔立ちに憧れる人もいます。美容整形は一重を二重にすることもできるため、目元にコンプレックスを抱いているなら施術に関する情報も注目してみると良いでしょう。二重の美容整形を行なってくれる美容外科は福岡で見つけられます。一重まぶたにコンプレックスを抱いているなら、福岡で評判が良い美容外科を探し、カウンセリングを受けてみましょう。

二重の美容整形の方法は大きく分けて2つあります。1つ目はメスでまぶたを切開する「切開法」です。二重のラインをメスで切開し、その部分を糸で縫合することで二重が形成されます。目頭の部分だけを切開する目頭切開、まぶた全体を切開する全切開がありますが、元々のまぶたの状態によってどちらかが施されるでしょう。切開法によって形成された二重はくっきりしており、その効果は半永久的に持続します。腫れぼったく重いまぶたには切開法が適しているのですが、まずは医師に相談してみることが大切です。福岡の美容外科はカウンセリング時にしっかり相談に乗ってくれるため安心です。

一重まぶたを二重にするもう1つの方法が「埋没法」です。切開法はまぶたの表面を切開するため、術後しばらくは腫れが続きます。それに対して埋没法はまぶたの裏側を糸で留めるだけなので、ダウンタイムはかなり短くなるでしょう。糸を留める箇所はまぶたの脂肪の量、または皮膚の厚さで調整できるのですが、術後に糸が取れてしまうケースもあります。身体に吸収されるタイプの糸なら抜糸する必要はありません。ただし人によっては数年で一重まぶたに戻ってしまうことも考えられるため、その時改めて切開法を行なうことも最適です。親身になって対応してくれる福岡の美容外科を受診し、納得できる二重のラインを美容整形によって手に入れましょう。

Back to Top